2020活動方針

活動方針

会長挨拶

埼玉中小企業家同友会 さくら地区会会長 西山 英行

活動スローガン

同友会で学んだ良い点を実践していくことによって自社の立場をゆるぎないものとし、社会の変化に耐えられる企業づくりを目指そう!!

活動方針

  • 経営において思い悩んでいることを、素直に打ち明けられる会にしよう。
  • 会歴が古い会員さんの「再活動」を促して例会への参加を呼び起こそう。

活動目標

  • 例会における学びを机上のものとしてしまわず、自社にとって良いと気づいたことはすぐに実践・実行に移してもらえるようにする。
  • 実践・実行するときに例会その他で学んだことを丸のみにしてそのまま実践するのではなく、必ず自社の環境に沿ったものとして立案しなおしてから実行してもらう習慣を身につけてもらう。

実行計画

  • 中部・北部・さくらの3地区合同例会を実施し、これを隔年でもいいので「定期的」なものとして定着させたい。
  • 例会の報告者を、できるだけ地区会員の中から選出することによって例会の出席率をさらに高め、活性化を推進する。

活動計画案

img_activityplan

企画委員会

鈴木和宏 委員長

  1. 活動目標
    • それぞれの特徴を生かし協力することでより魅力ある例会をつくる
    • 本音で語り合い、共に成長していくことに挑戦する例会をつくる
  2. 活動方針
    • それぞれの特徴を生かし協力することでより魅力ある例会をつくる
    • 本音で語り合い、共に成長していくことに挑戦する例会をつくる
  3. 実行計画
    • 多くの委員の個性を生かし協力して例会の作り込みを行う。
    • 月1回の委員会実施
    • Zoomミーティングを活用する。
    • 座長・室長制の継続
    • 3地区合同例会の実施

組織委員会

飯島広樹 委員長

  1. 活動目標
    • さくら地区会の活性化と地域の仲間づくり
  2. 活動方針
    • 会員の増強を会員みんなで取り組む
    • スリーピング会員への声掛けと情報発信で仲間としての絆をつなげていく
  3. 実行計画
    • 入会して欲しい経営者のイメージを共有する。
      (例えば2代目・3代目若手経営者、女性経営者など)
    • 過去の例会ゲストのリスト化と声掛け状況の共有し、再度例会参加を呼び掛けることで、入会につなげる。
    • 例会のゲスト参加を増やすために、例会チラシの配布を計画的に行う。(どこへ、だれへ)
    • スリーピング会員に対し、無理に参加はさせないが、現在のさくら地区会がどのようなメンバーで、どのような活動をしているのか、近況を伝えるような情報発信をする。(イメージとしては、年1回の会報を郵送)
    • スリーピング会員の後継者がいれば、その方に同友会へ参加していただくようにお願いする。

親睦委員会

福島良雄 委員長

  1. 活動目標
    • 「例会」というと敷居が高くてなかなか参加してもらえないような会員さんたちにも気軽に多くの方が参加したくなる懇親例会にする
    • 会員さん同士の何気ない会話の中で、経営の学びに結びつくものが見つけられるような懇親例会にする
    • 例会報告後の感動や学びを再確認できる場とする
  2. 活動方針
    • 親睦委員会全員の方に活動に参加してもらう
    • 会社のPRを行う場として報告してもらう
    • 会員同士の親睦を深める為、親睦委員会全体の定期的なミーティングを行う
  3. 実行計画
    • 8月暑気払い実施
    • 12月望年会実施
    • 1月新年会実施
    • 例会後、懇親会準備
    • 委員会の定期的なミーティングの実施
    • 会員の会社PR実施